SSブログ
前の6件 | -

遂に安夫利を超えた! [音楽]

2年前に中華そばの食べ歩きを始めてから、
都内と神奈川の中華そば専門店をいくつも回ってきた。
豚骨ラーメンも大好きなのだが、40代になり、
中でも醤油ラーメンを好んで食べるようになった。
そんな矢先、中華そば専門店を特集していた雑誌をみて一目惚れ。
美味しそうな中華そばを選んでは、週末に連れと食べに行くようになった。
連れは、しば田の中華そばが一番だと言っている。
小生は1番は決めきれていないのだが、水道橋の勝本は、かなり気に入っている。
地元には高野とtic,tacあるのだが、これもなかなか美味しいので、
この2件はオフ会のときに行こうと思っている。

11CB69D4-1245-4408-8EF9-EC941A613A5D.jpeg

そして、横浜駅にある安夫利も味は良い。
が、この安夫利、味は良いのだが、態度が良くない。
何度か切れて食べずに帰ったこともある。
一度は、麺が丸々固まっていたとき。
茹でるときに全く掻き回していないのがバレバレ。
この時ばかりは、流石にあきれながらも我慢して食べて帰り、
後で店長にクレームを入れた。
原因は担当者が忙しさのあまり、手を抜いてしまったとのこと。
まあ、バイトが作っているのだろうが、ちゃんと指導してほしいものである。
次にあったのが、昨年コロナ真っ只中の頃だった。
皆、席を空けて座っいて、小生も左右に空席ができるようにと、
空いている席の方に行ったのだが、そこの席はまだ片付けられていなかった。
コロナ真っ只中だったので、とうぜん直ぐに片付けてくれると思いきや、
店員がボーと突っ立ったまま何もしないので、
それではと向かいのカウンター席のこれまた空いている席まで移動していたら、
今度は私より後ろに並んでいたお客さんを先にそちらの席に
案内した。
他に座れそうな席もなく、私は店内に立ったままとなってしまった。
何で、片付けないのかと、呆れてしまい、
腹立たしさもあり、この時は怒って食べずに帰ってしまった。
このときは、もうこの店には何を言ってもダメだろうなと失望し、
クレームも入れなかった。
前回もそうなのだが、なかり腹が立つラーメン屋なのだが、
悔しいが味は良い。
熱りが覚めた頃にまた行ってみるかとなるのだ。
そして行った時に限って、また何かが起こる。
先日も、連れと食べに行った時、2人並んで座ったのに、
連れだけオーダーを取って、小生は無視された。
暫くしてもオーダーを取る気配もないため、こっちから店員を呼んだのである。
ホントこの店腹立つわ〜と言いながらラーメンを食べて帰ったのである。
こんな腹立たしいラーメン屋には2度と行かないぞという気持ちも
正直あるが、それよりも味が勝っていたのであろう。
こちらも何度も、食べに行っているのだから。
そんな腹立たしいが、味は良い安夫利のラーメンであるが、
この度、このラーメンを超えるラーメンを家で
作ることに成功しました〜。パチパチ!
勿論私が作ったのではなく連れが作ったのだけれど。
拙宅も一年半ほど前から、家で中華そばを作るようになった。
最初は見様見真似で始めたのだが、一年ほど経つと、
ラーメンの食べ歩きに行ったお店よりも、拙宅のラーメンのほうが
美味しいと思うことが多くなった。
なので、最近は開拓する店には、あまり期待しないようにしている。
また、家でラーメンを作って食べるときは、どこどこの何々ラーメンより美味いなとか、
あそこにはま負けてるなとか話しながら食べている。

そんな中、今回挑戦したのが、安夫利風ラーメンであった。
安夫利には何種類かのラーメンがあるのだけれど、
その中でも1番良く頼むのがゆず醤油ラーメン。
ゆずの香り豊かなラーメン。
チャーシューは、あちらはいつも炙りで出てくるのだが、
拙宅は普通のチャーシューにした。
と言っても、炙りごときには負けないチャーシューだ。
ラーメン同様にチャーシューも試行錯誤を続けてきた。
今回使ったチャーシューのタレももう半年以上継ぎ足してきたものだ。
腕も上がってきたが、継ぎ足しのタレも美味しくなってきた。
そんなチャーシューをトッピングして作った安夫利風ラーメンだが、
今回家で作ったのは2回目なのである。
そして、食べて納得、これならもう安夫利に行かなくても良いね!
という味になったのだ。
はっきり言って、このラーメンは安夫利を超えてる。
まあ、小生が作ったわけではないのだけれど、
これまで、安夫利に行くたびに悔しい思いをしてきただけに、
これからはあまり行かなくても良いかなと思えるラーメンが出来たことが、
メチャクチャ嬉しいのであった。


nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽

UESUGIで、Joe Harriottを聴く [音楽]

UESUGIのフォノイコをこのゴールデンウィーク中に鳴らしている。
緊急事態宣言により、レコードセールが無くなってしまい、
この休みの楽しみが減ってしまったが、部屋でオーディオを聴きながらネットでレコードを探しまわり、欲しい盤を入手することができている。
意外にも欲しい盤が次々と出てくるため、あれもこれも入手し大変なことになっている。

476BA94A-5A16-4B01-9A2B-14C5023ABE10.jpeg

そんな入手した盤のなかの一枚。
ジャマイカ生まれのアルト奏者Joe HarriottのSouthern Horizons。
本家はColumbiaのEPのようだが、LPとなると本作が初期の盤になる。
ジャケット、選曲、演奏とも文句の付けようのない素晴らしい盤。
一昔前なら、一癖あるHarriottの盤にちょっと敬遠していたが、良く聴いてみるとかなり良い演奏をしている。
そして、このジャケット、やけにバランスが良いなと思っていたらMike Custaによるものだった。

こういうカッコいい演奏をかっこよく鳴らしたいところなのだが、フォノイコをUESUGIに替えるとペットの音が前に出てくるようになったのだが、ただ少し暑苦しいような音なので、この音は小生の音ではないなと安直ではあるがケーブルで調整してみることにした。
フォノケーブルをORTOFONからNordostに変えてみた。
ORTOFONはケーブルが太い分、音も太めの印象がある。
帯域の広いスピーカーならこれを入れてバランスが取れる場合もあると思うが、
拙宅もこれまではこれを入れてちょうど良かった。
しかし、今回真空管かわ入ったことで若干温度高めのサウンドになったようだ。
そこでNordostに入れ替えてみると、帯域が広く若干温度低めになった。
これなら小生のサウンドと言えそうだ。
流石Nordost情報量の多さは半端ない。
盤に刻まれた当時のスタジオの雰囲気を余すことなく出してくれるようで。

フォノイコも変えた当初は音がイマイチで、音が遅れているなどとご指摘も頂いていた。
真空管のエージングに時間が掛かるともご教示頂き、
鳴らし込んできたが、案外早く音が安定してきたようだ。
オフ会やるときは、ジャズはUESUGIで鳴らそうかと思っている。
まだ微調整は必要かもしれないが。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

VOYAGERのマトリックス番号と音の違い [音楽]

今日は朝から大忙しだった。
11時半過ぎに渋谷に用があったので、それまでにと
朝から10枚ほどレコードを洗浄し、
その後、iphoneでユーミンのVOYAGERを聴くために、DSDで録音した。
なんとか11時半過ぎに渋谷まで行くことができた。
移動最中に、録音したユーミンのDSDを聴いてみる。
レコードは、一応初期の盤と思われるが、マトリックス番号がA面B面共に2S。
すると、なんとなくボーカルが奥に引っ込んでいたり、声がカサついていたり、
音場が若干狭いような気がした。
やはりマト1Sがあるか分からないが、探してみないといけないのかなと思った次第。
渋谷に加えて新宿にも行ったので、VOYAGERがないか探してみると、
流石新宿、何枚か見つけることができた。
一番マトが若いと思われるものを探したのだが、なかなか若い番号のものが見当たらない。
その中で、A面マトは3Sだが、B面マトが1S2のものがあった。
B面のマトは若いが、A面のマトは自分お手持ちの盤より後期と思われた。
この場合、音はどうなのか?と思ったので、一応試しに聴いてみることにした。

夕方に今日の用事が済んだので、帰宅して、聴き比べて見ることに。
今回入手したA面マト3S、B面マト1S2のもののほうが、
・ボーカルが奥に引っ込まないような気がした。
・音場が広い感じがした。
・声の質がしっとり艶のある声のような気がした。
・楽器の音色がより楽器っぽいというか、エフェクターの音や
ベースのチョッパーの音などが、実に昔自分が引いていた時に聴いていたような感じに聴こえた。
・スタジオの雰囲気が描き出されているような気がした。
・低域の下まで出ている気がした。

ざっと、盤のマトの違いでこれらの違いを感じたのだが、気のせいだろうか。
オフ会でも聴いてもらい感想を頂きたいところ。

やっと拙宅のオーディオもマトの僅かな違いも音で表現てきるようになってきたのかもしれないと
思うと嬉しいのだが。
そんなの気のせいに決まっているだろ!とカツを入れらるようで怖い気もする。

目指すは、当時スタジオやライブハウスで録音していた風景が、
絵画のように自宅で描き出されるように鳴ってくれること。
そこでアーチストやエンジニアが知恵を出し合い、良い音楽を作り出そうと躍起になっていた頃の
その雰囲気をレコードを通じで味わってみたい。
1年前は、ユーミンのレコードの歪が取れずに四苦八苦していたが、
そんなところで道草を食っている訳にはいかないと、
1年調整を続けたことで、歪は皆無。
その先にある当時の素晴らしい演奏を甦らそうと今は必至。

そんなわけで、もっと若いマトの盤を見つけたら是非聴いてみたいが、
今回入手の盤でもまあまあ良さそうなので、聴きこんでみたいと思っている。

nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

最近お気に入りのYoutube [音楽]

今の時代に古き良き時代のハードバップを聴かせてくれます。
佐賀から発信させているようですが、
一度は行ってこの耳で聴いてみたいですね。
いろんな方が参加させていますが、どれも良いです!
最近はなかなかライブに行かなくなりましたが、
こうして生の演奏を聴けるなんて、なんて良い時代なのでしょう。



しかし、録音環境が素敵すぎます!
特にベースの音はめちゃくちゃ好きな音です。
ノイマンのU47というマイクは、本当に良い音で録ってくれます!

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

UESUGIメモ [音楽]

UESUGIのフォノイコを数日鳴らしてみて、分かってきたこと。
電源入れて暫くは、音が煩いようなきがする。
先日、こんなものかと、トランスをPhase TechのT-3からOrtofonのT-30に変えたのだが、
この組み合わせだと低域が遅いような気がする。
T-30の出力インピーダンスがどうも公開されていないようで、見つけられないのだが。
もしかすると入インピーダンスなのかもしれない。
少しずつコツが分かってきたので、トランスは元のPhase TechのT-3に固定、
UESUGIは電源を入れて暫く鳴らして、音が落ち着いてくるまで待つことにしよう。
するとなかなか良い音で鳴ってくれるようだ。
それから、UESUGIにすると国内盤も上手く音がまとまってくれるような気がする。
EA-5だと国内盤は音が悪いと思ってしまうが、UESUGIだと聴ける。
これが真空管の1つの魅力でもあるのかもしれない。
まだ鳴らし始めたばかりなので、はっきりしたことは分からないが、
気付いたこととしてメモしておこう。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ユーミンのマト一覧を作ってみた [音楽]

仕事のピークを過ぎて毎日定時退社できている今日この頃。
時間ができたので、こんなのを作ってみた。
というのもレコード屋さんに行ったときに初期盤を見つけた時に、
手持ちのマトやプレスマークより初期のものかどうか確認するために以前から必要だと思っていたから。

タイトル型番リリース日プレス・マークA面マトB面マト
ひこうき雲ETP-720511973年11月20日7-Y2S2 483S4 58
ひこうき雲(2枚目) 銀帯ETP-90835-1w2S 10 2S2 13
ひこうき雲(3枚目) 銀帯ETP-90834-6Xw2S 1 2S2 3
ひこうき雲(4枚目) 銀帯ETP-90833-XW2S 22S 5
ミスリム 茶色帯 2ndプレスETP-720011974年10月5日7-9X3S42S4 89
ミスリム(2枚目) 黄色帯 1stプレスETP-720014-Xw3S 112S 12
コバルトアワーETP-720711975年6月20日5-6w1S 241S 24
5-6w1S 81S 13
YUMING BRANDETP-721841976年6月20日8-21S5 12S3 65
6-51S2 53S 30
14番目の月ETP-722211976年11月20日7-11S3 352S3 36
6-X1S3S
紅雀ETP-723031978年3月5日8-21S 301S 15
流線形'80ETP-800471978年11月5日8-X1S 51S 3
OLIVEETP-900831979年7月20日2-73S2 583S 61
ETP-800859-71S2 181S 6
悲しいほどお天気ETP-80118 1979年12月1日9-Y1S 201S 33
時のないホテルETP-900021980年6月21日43-921S 431S3 6
0-71S 291S 23
SURF&SNOWETP-900341980年12月1日o-z1S31S3
0-Y1S2 171S2 13
昨晩お会いしましょうETP-901201981年11月1日1-X1S2 191S2 20
VOYAGERETP-902651983年12月1日3-Y2S 32S 16
3-Y3S 241S2 17
3-Y2S 251S 44
NO SIDEETP-903101984年12月1日4-Y2M2 305M3 20
4-YM3 302M2 31
4-Y2M3 302M2 4
4-YM3 1M2 15
DA・DI・DAETP-903651985年11月30日5-YTMA-16MA21
ダイアモンドダストが消えぬまにRT28-50601987年12月5日7-Y2MM 8MA 0
Delight Slight Light KISSRT28-53501988年11月26日8-X2MA 22MA 2


先日、OLIVEの初期と思われる盤を見つけて買って帰った。
もうかれこれ10年ほど前に、JBLの凄いシステムでアルバム「OLIVE」から「青いエアメイル」を
聴かせて頂き、えらく感動したことを今でもはっきりと覚えている。
その後、拙宅でも感動するのかと調整のたびにこの「青いエアメイル」を掛けてきたが、
いままで感動することがなかった。
何度も聴いているうちに感動しなくなったのかなとも思ったりしていた。
が、最近マトリックス番号や初盤も気にするようになったので、
OLIVEのマトも確認したところ後期の盤だと思わることが分かってきた。
そこで、ひょっとすると初盤で聴いてみたら感動するかもと思って。
小生はJAZZのレコードについては、どうしてもオリジナルで聴きたくなっていたが、
国内盤に限っては、どれも音良いと思っていて、あまり気にしたことがなかった。
しかし、マトリックス番号などを気にするようになるにつれ、国内版でも
音が結構違うような気がしてきたのだ。
その音の違いをWilsonのスピーカーはちゃんとこれらの音の違いを描き出してくれる。
そして、初盤と思われるOLIVEを買って帰って聴いたところ、
何と感動することができました!
初盤と分かっているから、音が良いに違いないと思い込んで聴いているからなのかもしれませんが...
まあ、ホントのところはオフ会などで確認して頂くとして、まあ小生としては
やはり初盤を探すに限るという結論に至り、手持ちの盤を片っ端からマトリックス番号の若いのを探しまくっているのであります。

そういえば、事後報告なので、そんなのマトリックス番号が分かっているから、
そう思ったんでしょと言われれば、それまでなんですが。
マトリックス番号を気にし出す前に、音が良いなとか聴いていていいなあと思っていた盤は、
以下の盤でした。

・コバルトアワー
・紅雀
・悲しいほどお天気
・流線形'80

これらのマトリックス番号って、どれも「1S」なんですよね。
この4枚は、実は1Sとは知らずに買って聴いていました(笑)。
信じるか信じないかは、あなた次第です(笑)。

nice!(6)  コメント(10) 
共通テーマ:音楽
前の6件 | -