So-net無料ブログ作成
オーディオ ブログトップ
前の10件 | -

念願のUNICORN邸にお邪魔してきました。 [オーディオ]

いよいよオーディオの季節となりました。
そんな中、昨日は念願のUNICORN邸にお邪魔させて頂く事ができました。
オーディオ仲間から、UNICORNさんはJAZZもオーディオも詳しいと伺っておりましたので、
かなり昔から聴かせて頂きたいと思っておりました。
初対面ではありましたが、taoさんに取り持って頂き、
またいろいろなお話をお聞かせ頂くなかで緊張もほぐれ、
とても楽しく過ごさせて頂きました。
またリアリティのあるサウンドにとても刺激を受けて、
ジャズ熱オーディオ熱共に上がってしまいました。

ジャズと言えばJBLかALTECと言われますが、
拙宅のようにハイエンドのスピーカーで鳴らされてらっしゃる方は数少なく、
またJBLとALTECのサウンドはちぐさとダウンビートで
飽きるほど聴いてますから、ジャーマンフィジックスの
UNICORNからどのようなJAZZが聴けるのかとても楽しみにしていました。

L1052035.jpg

まずは、洗練されたデザインのインテリアやオーディオ機器で
統一されたお部屋に驚き、圧倒されます。
このようなお部屋に自分ごときがお邪魔して、はたして大丈夫なのだろうかと、
でもこのような貴重な機会は滅多にないですからね。

まず聴こえてきたのは菅野さんのピアノ。
丁寧な演奏です。見通しが良く透明感があります。
鍵盤を叩く細かなニュアンスが良く伝わってきます。
小生も長年オーディオをやっていますので、
いろいろなお宅のサウンドを聴かせて頂いてますが、
これはかなり調整の行き届いたサウンドと言うのがよく分かりました。
Phineas Newbornガツンとくるピアノは、
スピーディかつかっちりした演奏も手に取るように分かります。
かなりハイスピードなスピーカーですね。
そして日本録音とは異なるアメリカ録音のノリの良さ、
グルーブ感がはっきりと感じ取れます。
次にベーゼンドルファーのピアノの盤を掛けて頂きました。
前の2曲もそうですが、エンジニアの意向に加えてピアノの質感、演奏者の腕前などが
手に取るように分かります。
即ち、オーディオとしてのクオリティが高いということですね。

聴かせて頂く前に、長きにわたりアンプや真空管と格闘されたことを伺いました。
なるほど、このようなピアノや演奏者の指使いは、
真空管によってコロコロ変わるのでしょうから、納得行くまで調整するには骨が折れます。
なかなかそこまでは、分かっていてもできるものではありません。
しかし、その調整の先にやはり見えてくる世界があるのですね。
小生もその先にある世界を再び見てみたくなりました。

L1052037-2.jpg

それから、Vee JayからKELLY AT MIDNIGHTを掛けて頂きました。
PAUL CHAMBERSのベースのなり具合が絶妙でした。
ちょっと粘り気のある、そしてしつこくない、グルーブ感が感じ取れました。
そりて弦を弾く様子も手に取るように分かります。
拙宅のシステムでは、CHAMBERSの指使いにウーファーが
追いつかないこともありますが、UNICORNさんのシステムは
かなりハイスピードで、これにも追従しています。
PHILLY JOE JONESのドラム捌きも良く表現されています。
細かなスティック捌きまでもが良く再現され、
ここまで表現できれば、アーチストの叩き方の違いを
聴き取れやすくて楽しめますね。
しかし、ここまで調整するのが大変なのです。
果たして自分にできるかどうか。

そしてSONNY CLARK TRIO TIME盤です。
とても高額で取引されている本盤ですが、
その音の良さをなかなか認識する機会がこれまでありませんでした。
その盤をUNICORNさんのシステムで聴くと実にカッコ良く聴こえるのです。
この盤は追い込まれたシステムでようやく本領を発揮するのです。
拙宅ももっと追い込んで、その先にあるこのTIME盤の景色を見てみたいと
強く思ったのでした。

そして小生の大好きなワンホーンものです。
HAMPTON HAWESのFor Real!。
HAROLD LANDにScott La Faroとは渋すぎます。
こういう盤はいつまでも長く聴けますね。
La Faroの太くてしっかりした演奏を楽しめました。

それからコルトレーンのImpulse盤も掛けて頂きました。
堂々とした佇まいでコルトレーンが吹いている様を想像できます。
やはりS/Nの良さと高いリアリティがあるが故の情景ですね。
この辺りのテナーをどのように鳴らすのか、といった拘りが、
JAZZをオーディオで鳴らす醍醐味なような気がするのですが、
この辺りの拘りが伝わってきたように思いました。

それからRANDY WESTONのLittle Nilesです。
IDREES SULIEMANのペットの余韻の消える様が絶妙でした。
この辺りも見通しの良さが効いてると思われます。
是非真似てみたいと思いました。

最後は、ART PEPPERのラストレコーディングでした。
ラストに相応しい曲で、まるで、ART PEPPERが自分の人生を振り返っているような
感慨深い演奏で思わず拍手をしたくなりました。

L1052041.jpg

そして、恐縮ですが、ここは小生がいつも聴いている盤がどのように聴こえるのか、
気になるところです。
持ち込んだ盤を聴かせて頂きました。
先ずはBARNEY WILENのJAZZ SUR SEINEです。
一聴してドラムの鳴り方が違いますね。
厚みがあり余韻があります。余韻を良く聴気取れるため、
場の雰囲気が良く伝わってきます。
やはり見通しの良さは大事なのですね。
そしてラバルネの醍醐味はやはり彼の瞬発力にあると思っています。
あの吹き上がるテナー!
ヌケの良さとスピーカーの反応の良さが相まって、
これも見事に鳴ってくれました。
快感ですね!

次にART FERMARのPLAYSです。
こちらもまた抜けが良く、スカッとした演奏です。
やはりJAZZには抜けの良さは大事です。改めて認識したのでした。

最後にTUBBY HAYESとRONNIE SCOTTのCARLTON盤を掛けて頂きました。
二人のテナーの音色の違いをハッキリと聴き取れます。
こちらもリアリティの高さを認識できました。
どっちがどう演奏してるんだ?という具合ではまだまだですから。

こうして沢山お掛け頂き、また持ち込み盤も沢山お掛け頂き、
UNICORNさんのサウンドを深く理解する事が出来ました。
到底真似はできませんが、JAZZをハイエンドスピーカーで鳴らすコツと
言いますか、より良い演奏を聴くために何ができるかを
改めて認識する事ができ、大変有意義な時間となりました。

L1052040.jpg

この後の二次会では、カートリッジの重要性について
とても詳しくお話を聞くことができました。
拙宅もせっかく良い盤を持っているのだから、
これを余すことなくカートリッジで拾って
ワクワクするようなサウンドを味わってみたいと
改めて思ったのでした。

UNICORNさん、taoさん、この度は貴重なお時間をありがとうございました。
やはりこの上ない良いサウンドをお聴かせ頂きますと、
小生もオーディオ熱が急上昇しますね。
ハードルが上がってしまいましたが、拙宅も調整をして
サウンド交流会に挑みたいと思います。
その時は宜しくお願いします。
nice!(10)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

サウンド交流会 [オーディオ]

いよいよオーディオの季節ですね。
このところ仕事が忙しかったのですが、
月に入りやっと落ち着いてきまして、休みが取れるようになりました。
そうした折にtaoさんからご連絡を頂きまして、交流会となりました。
taoさんが前回いらしたのは一年程前でしょうか。
拙宅はあれからoさんDACとミラコードを導入しました。
デジタルは殆ど聴かなくなりましたが、
それでもレコードで出てない盤はデジタルで聴いています。
oさんDACの導入で弦やペットの音は柔らかくなり、
低域の解像度も上がりました。
アナログと比べるとやはりアナログの音の方が
好みかなと思いますが、それでも大分満足しています。
アナログはSTEREOとMONOをそれぞれ専用のプレーヤに分けた事で
無理なく鳴らす事ができるようになりました。
MONOで新圧を掛けれるようになった事が大きいですね。

RIMG0213.jpg

先ずは手始めにデジタルから聴いて頂きました。
お馴染みダイアナクラールとKENNY DORHAMを聴いて頂きました。
次にORACLEでクラシックを。
ショパンにバッハなどを聴いて頂きました。
何とSTEREOだと思っていたバッハの盤はモノラルでした。
引き続きミラコードでも聴いて頂きました。
音に厚みが増した感じてしょうか。

クラシックも程々にJAZZへ。
今回は折角だからと思い、全て完オリで準備しました。
サウンド交流会というからには、拙宅で出せる最高の
サウンドを聴いて頂きたいからです。
先ずはバードバップから。
ROCKEY BOYDを聴いて頂きました。EASE IT。
幻の名盤と呼ばれるこの盤はtaoさんにはどの様に聴こえたでしょうか。
無名のROCKEY BOYDがKENNY DORHAMとJAZZ LINEレーベルに残した盤です。
JAZZ LINEという幻のレーベル、KENNY DORHAMという
名トランペッターが故に超貴重となっています。
次にBLUE NOTEからHANK MOBLEYを。
EASY TO LOVEです。
飽きやすいDONALD BYRDもこの演奏はかなり気に入っていて、
しばしば聴いてます。
次はヨーロッパからヨルゲンリーグです。
USより若干気が抜けたというか、脱力感が否めない感じです。
まあ、最近はこんな感じの方が聴きやすいというかそんな感じです。

ここで小休止。
お茶しながら、ピアノトリオを聴いて頂きました。
JIMMY WISNER TRIO。
ピアノはクラシックのほうが概ね良い録音が多いと思いますが、
こちらの盤は如何だったでしょうか。
なかなか良い音色で録音されているのではないかと思っているのですが。
次にピアノから、GEORGE WALLINGTONです。
人気のマクリーンやバードも入り良い演奏をしてくれてます。
ライブ盤で音が良く、マイナーなプログレッシブというところで、
こちらも人気が高い盤ですね。
それから、殆ど持っていないボーカル物から、
エラアンドルイの盤です。
CDでの昔の印象はルイのペットが喧しい盤でしたが、
LPのオリジナルを所有した今ではしっとりして優しい盤という
印象に変わりました。
やはりエンジニアやメディアの大切さも有るのだなと思っています。
後半は優しい感じの盤です。
マリガンのナイトライツやスタンゲッツ、チェットベイカー を
聴いて頂きました。
最近はこういう感じの優しい盤を良く聴くようになってきました。
バードバップからクールジャズまで、色々と聴いて頂きたいと
思いこのように選曲させて頂きました。
拙宅もミラコードの導入で、wattpuppyの弱点である
中低域の押し出しの弱さを克服できたのではないかと思っています。
これで個人的にはひと段落した感じがありますが、
如何だったでしょうか。

nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

TIAS [オーディオ]

大分時間が経ってしまいましたが、TIASに行ってきました。
ハイレゾや世界的なアナログブームで、
オーディオ業界も盛り上がっていますからね。

DSC_2899.jpg

DSC_2902.jpg

いろいろ見て回りましたが、個人的に気になっていたのが、YAMAHA。
昔は国内オーディオを使っていましたが、
現在は殆ど海外製品になり、国内製品に興味が湧かなくなっていました。
そんな中でも、昔YAMAHA CX-2000とMX-2000を使っていたこともあり、
YAMAHAがリリースするというC-5000とM-5000に興味が湧いてきまして。

DSC_2911.jpg

このところずっとAVでやってきてたYAMAHAですが、
NS-5000をリリースしてからYAHAMAはピュアオーディオでつき進んでいる感じですね。
アキュフェーズやラックスマンには強敵が現れた感じじゃないでしょうか。

DSC_2916.jpg

DSC_2917.jpg

それにGT-5000もリリースする予定とのこと。
やっぱり来たなあという感じ。

DSC_2914.jpg

YAMAHAのフラッグシップがどのような音楽を奏でてくるか楽しみだったのです。

聴いてみて、やはり楽器の音色がどれも素晴らしかった。
低域が硬い感じもしましたが、NS-5000も長く使っていけば、
解れてくるんじゃないでしょうか。
一緒にいった相方もYAMAHAにしては良い音じゃんと褒めてました。

DSC_2919.jpg

こちらは、個人的には毎回必ず顔をだすブースです。
扱っているものがとても買えるものではないですが。
Avalonは、やはり音に説得力がありますね。
柴田淳がハイレゾで掛かっていましたが、結構好きな音でした。

DSC_2923.jpg

Wilsonの市場は、YGに持っていかれてしまった感じですが、
やはりYGも良いスピーカーだと思っています。

DSC_2929.jpg

ルーメンホワイトがKX-R TwentyとMX-R Twentyで鳴っていましたが、良い音でした。
あまり多くのブースを回りませんでしたが、一番好きな音でしたね。

という訳で、拙宅とは違う音を楽しめたひと時でした。

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

拙宅のサウンド交流会 [オーディオ]

先日に続いて今日もサウンド交流会でした。
今日はMessaさんに来て頂きました。
このところオーディオの調子が良いので、
今のうちに是非聴いて頂きたいとお願いしたのでした。
Messaさん宅には定期的にお邪魔しておりましたが、
拙宅にお呼びするのはなんと十年ぶりです。
月日の経つのは早いものですね。

L1049944-2.jpg

前回来ていただいたときはアンプがSD05の時でした。
今回はLevinsonのプリ、パワーで聴いて頂きました。
若干上がった温度感と柔らかさを実感して頂けたら嬉しいですね。
Messaさんは女性ボーカルを主に聴かれています。
拙宅はJAZZメインですが、今日は冒険がてらボーカル多めに掛けさせて頂きました。
まずはラズパイから。
結果はなかなか良かったようです。
長い時間を掛けて調整してきた甲斐がありました。

ラズパイまでは良かったのですが、そのとDELPHIでアナログを掛けました。
ところが、ぱっとしない様子。
ボーカルの音像が後ろに引っ込んでしまっており、
音にも曇りがあるようです。
Messaさんからデジタル系のアダプタをコンセントから抜いたり、
DACのケーブルを抜いたりしてみてとアドバイスを頂きました。
するとびっくり。音が激変しました。
ボーカルの音像が前に出てきて、サウンドステージの見通しが良くなり、
曇りがなくなりました。
これまで聴いていたアナログはなんだったのでしょうか。
これほどの激変は久しぶりです。
デジタル系の機器が、アナログに悪影響を及ぼしているとは。
デジタルやパソコン系の電源を見直す必要がありそうですね。
まだまだアナログには伸びしろがあるようです。

L1049945.jpg

最後に、ELACでJAZZを掛けました。
こちらはあえて古い音に振っていますが、どうだったでしょうか。
若干グルーブ感が少ないような気もしました。
こちらもまだまだ見直しが必要そうです。
大分良い音になってきましたが、まだまだ伸びしろがあることも分かりました。
DELPHIで鳴らしたとき出てくるピアノの実態感を
ラズパイでも出してみたい。
ELACでのJAZZの鳴らし方に、もうひと押しグルーブ感を出したい。
ケーブルあたりの見直しが必要と思われます。
という訳で、とても実りある一日となりました。
Messaさん、本日はお忙しい中ありがとうございました。
とても楽しい時間を過ごすことができました。

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

拙宅のサウンド交流会のご感想 [オーディオ]

おもしろずきんさんが拙宅のサウンド交流会の感想を
書いてくださいましたので、リンクを張らせて頂きます。
https://eranderu.exblog.jp/28723685/
https://eranderu.exblog.jp/28728585/

L1050046.jpg

おもしろずきんさん、ご感想をありがとうございます。

L1050144.jpg

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

拙宅のサウンド交流会 [オーディオ]

先日は、おもしろずきんさんとBTさんが
いらっしゃいました。
そもそも、拙宅にビンテージのアナログプレーヤを導入したこと、
CDの音が良くなったので聴いて貰いたいという事で企画したのですが、
BTさんも聴いてみたいという事で、急遽BTさんも参加ということになりました。
とはいえ、BTさんは大のクラシックファン。
年何度もコンサートホールに足を延ばされるとの事で、ハードルが上がります。
このところのサウンド交流会で、クラシックも鳴っているとのお言葉を頂いてはおりましたが、
クラシック用に調整はしてはいない為、若干の不安は残ります。
それでも、持ち合わせのソフトで調整を重ねました。
しかし、この調整でジャズが鳴らなくなると大変。この辺りを注意しながら慎重に調整します。
何とか調整もできた頃にサウンド交流会となりました。
調整を重ねる中で、ピアノのなり方で、CDとアナログに違いがある事に気付きました。
アナログの方が弾いている感じや、ピアノという楽器がそこにある感じが大きいのです。
これは大きな発見でもあり、CDの大きな課題でもあります。

L1050031.jpg

まずはオーディオファンはおおよそ持っているであろうJennifer warnesのThe wellから。
これでスピーカーを慣らします。
次に元気なstacey kentのLove Is...The Tender Trapから。
うちのシステムはハイエンドなので、この辺りの演奏は生々しく
聴こえてくれると嬉しいんですが。

さて、これからが緊張の一瞬です。
ピアノソロから
Maria Joao PiresのBachと
イーヴォ・ポゴレリチのブラームスです。
上手く鳴ってくれたでしょうか?

次にKenny dorhamの盤から。
ニューヨークにあったジャズ・クラブ「フランボヤン」でのライブ演奏から枯葉を
聴いて頂きました。
DORHAMの名演は勿論ですが、この演奏の後にBLUE NOTEに6枚の名盤を残す事になる
JOE HENDERSONの演奏には勢いが感じられますね。
それからronnie mathewsのピアノも良い!
BTさんもお気に召したようです。

それから小林桂も聴いて頂きました。
DAコンバーターをOさんのものに変えてから、
このベース音のリアリティが格段に向上しました。この辺りが聴きどころかと思います。

CDはこのくらいにして、アナログを聴いて頂きました。
アルゲリッチのショパンから。
うちで聴くと、アナログはピアノの存在感が違うんですよね。
それから演奏している感じとか。
この辺りはBTさんもお感じになられたようです。

L1050087.jpg

あとはジャズのオリジナル一辺倒でした。
まずはBLUE NOTEから
Horace silverのblowin’ the blues awayです。
junior cookとblue mitchellのフロントで、
ノリノリのハードバップです。
Paula Donohue が描いたジャケットも良いですよね。

次にsonny rollinsのnewks timeから
ロリンズのうねるテナーと軽快なwinton kellyのピアノ、
Philly joe jonesの重みのあるドラムス。
厚みのあるドラムスの音が良く録れてるアルバムだと思います。

次にHoward McGheeのDusty blue。
幻の名盤と言われている通り、お目にかかる機会は少ないと思います。
ピアノの名手Tommy flanaganが参加しているのも人気の理由ですね。

イーストコーストが続きましたので、ウエストコーストから。
Marty paich and art pepperです。
art pepperと言えばリズムセクションですけれど、私はこの盤をお勧めしますね。
コンテンポラリーの音も良いですが、このTAMPAの音は良いですよ。
しかも演奏と選曲が良い!

次はヨーロッパ。
Diamond five brilliantを。
典型的なハードバップですが、ヨーロッパだけあり、端正から洗練された印象があります。

ColtraneのBalladsも聴いて頂きました。
Coltraneの盤は殆ど手放してしまいましたので、
手元にあるのはこれとgiant stepsのprestigeの数枚ですが、
掛けるとしたらやはりこの盤かなと。
I wish knewとWhat’s newと聴いて頂きました。

Gatzも聴いて頂きました。
Getzの盤で、playsの次に挙げるとしたらこの盤かな。

次にウエストから。
Jack sheldonです。
曲によってzootも参加しているので、この辺りも聴きどころです。
get out of townが個人的にはベストトラックかなと思います。

最後にBLUE NOTEからLEE MORGANのI remember cliffordで締めくくりました。
この曲はいつまでも聴いていたくなる名演奏ですね。

と言うわけで、後半はジャズ三昧となりましたが、どうだったでしょうか。

ラズパイとOさん製作のDACによるコストパフォーマンスの高さを感じて頂ければ幸いですね。
加えてアナログの良さが伝われば尚よいのですが。

最近ではクラシックも少し聴くようになってきました。
ピアノソナタが主ですが、ヨーロッパのレコードを少しずつ集めて行きたい
今日この頃です。

おもしろずきんさん、BTさん、この度は
ありがとうございました。

nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

オーディオ弄り [オーディオ]

アナログを2系統にしようとラックを調整。
1950年代のJAZZ専用にELAC MiracordをMONOオンリーで使う。
一方、ORACLE Delphiは、オーディオ用ソフトやクラシック、
STEREOのソフトを掛ける専用にする。

IMG_1025.jpg

レビンソンのLEMOピンがないので、暫くは
アナログは一台ずつしか鳴らせないが、LEMOピンがきたら
常時2系統鳴らせる。
という訳で、暫くはMONOオンリーでJAZZばかり聴いていたが、
久々にDelphiでオーディオ用のソフトやSTEREO音源を掛けてみた。
やっぱりDelphiは完成度が高い。洗練された良い音がする。

nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

エム5さんのサウンド [オーディオ]

長い間オーディオをやっていると、
数年に一度、忘れられないサウンドに出会うことがある。
今回お邪魔したエム5さんのサウンドは、まさに忘れられないサウンドで素晴らしかった。

L1049963.jpg

まずは、機器から。
EMMのトランスポートとDAC(クロックはクロノス)から、
Accuphaseのプリ、そしてclasseのパワーを経由してNautilus 801という流れ。

L1049962.jpg

音に芯があり濃いですね。
それでいてしつこくなくて、ハイスピードです。
切れがあって、柔らかい音です。これは凄いことです。
いつまでも聴いていたい、心底こう思ったシステムでした。
古いジャズも掛けて頂きました。
SARAH VAUGHANのCrazy and Mixed Upは、ボーカルの実態感が凄い。
2chだけれども、しっかり中央に定位し実態感がある。
音の分離も良い。
ピアノの質感や音色も良い。
特にクラシックでのピアノの実態感は凄いですね。
ボディー感がしっかり出ています。
拙宅のオーディオもかなり追い込んでいたつもりでしたが、
このシステムを聴かせて頂くとまったく歯が立ちません。
CHET BAKERやCLLIFORD BROWNは、上手く音がまとまっていて、
グルーブ感があります。
ペットもきつすぎず、ちょうど良い鳴りっぷりでした。
この辺りは、エム5さんの過去のJBLの音を踏襲されていることもあるようです。
流石、長きにわたってJAZZをお聴きになられていただけのことはありますね。

L1049964.jpg

今回真剣に聴かせて頂き、実態感を上げること、
音の芯を出すということが拙宅の課題だなあと認識できました。
まだまだオーディオは、やることありますね。
今回を機会に、拙宅のオーディオにも熱をいれようかと思いました。
エム5さんtaoさん、お誘い頂き、ありがとうございました。
とても充実した一日でした。

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ELAC Miracord 10H [オーディオ]

友人からELAC Miracord 10Hを譲ってもらった。

IMG_0997.jpg

これにバリレラ VR2を着けて鳴らしている。
針圧は4.5g。
MMなので、眠らせていた Phase TechのEA-5+PS-EA5を
引っ張りだしてきてつないでみたが、
なかなかいい音がしている。

IMG_0998.jpg

これまでの音に比べて熱い音になった。
ハードバップや女性ボーカルなどは温度感あっていい具合。
やはり1950年代のモノラルは、この頃作られたVR2が良く合う。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

サウンド交流会 [オーディオ]

久々に拙宅でサウンド交流会を行った。

L1049526.jpg

CDは、オーディオ的な盤とクラシックを2枚くらいかけて、
あとは殆どJAZZを掛けた。
また、アナログは全てJAZZを掛けた。
今回は、過去最高に良いサウンドに仕上がっていると思っていたし、
アナログの調子も良かったので、お聴かせできてほっとした。
クラシックも鳴っていたようで何より。

nice!(13)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - オーディオ ブログトップ